助産学×理学の​妊産婦骨盤ケア

助産師向けスキルアップセミナー

講師2名による個別セミナー

一般社団法人 日本骨盤ケア助産学会

助産師だからできること

女性は月経周期・妊娠・出産によって身体は大きく変化します。
特に妊娠・出産のライフステージの在り方によって、将来の腰痛・股関節痛などの痛みトラブルや尿漏れ・臓器下垂(脱)・性機能不全など

様々な疾患の誘因に繋がると考えられています。
では、実際に周産期ではどのような変化があるのか?
その変化によって、どのような影響をもたらすのか?
そして、必要なケアとは何なのか?

 

これまで「常識」と思われていたことも、医学の進歩とともに日々変化しているかも知れません。
従来通りのケアは本当に正しいのでしょうか?
助産学校で習得した知識を何年も変わらずに指導して良いのでしょうか?

日本骨盤ケア助産学会では、妊産婦を含めた女性の健康について考察・研究を続け
「変わらない助産ケア」から「変化し続ける助産ケア」を理念として、助産師教育の発展を目指します。

kobayashi.jpg

小林 淑子

代表理事

助産師

​日本骨盤ケア助産学会代表理事

近年、ようやくPOP(骨盤臓器脱)についての問題が着目されるようになりましたが、まだまだ女性は羞恥心からPOPの症状に自覚があったとしても受診をすることはもちろん、他人に告白することに戸惑いをもつ環境下であるといえるでしょう。
これはPOP問題の社会的認知度が低いというこが原因と考えられます。またこのPOPは周産期に大きく関わりがあるというにも関わらず、妊産婦ケアを専門とする助産師からのフォローも十分ではありません。
私は助産師として妊婦さんのマイナートラブルを軽減できる手段は何か、ということを模索するようになり、代替医療について学び、2012年に妊産婦ケア専門の施設を開業致しました。助産師業務と並行し、現在までに10000件を超える妊産婦さんのケアに携わることができました。
そして、そこから妊娠・分娩期から骨盤底保護のケアができることや産後のトレーニングで回復できることを習得しました。
この知識と技術が助産師教育の必須教科として含まれること、より多くの妊産婦さんにケアが提供できることを目指し、本学会の設立に至りました。
本学会の理念に賛同して頂き、助産師教育の発展を願う方との出会いを心よりお待ちしております。

助産雑誌9月号に掲載されました

セミナー風景

※現在は全体セミナー開催はしておりません

資格について

骨盤ケアリスト

認定助産師

骨盤ケアリスト

認定助産師

​マタニティケアスペシャリスト

​さらにSTEP UP

骨盤ケアリスト認定
​助産師養成コース

産前産後の骨盤ケアスペシャリストを目指す方はこちら​

マタニティケア
​スペシャリスト養成コース

トラブルに対応できる

セラピストを目指す方はこちら

骨盤ケアリスト認定助産師の

受講が必須です

開催日時

あなたの好きな時間で受講可能

場所

大阪府大阪市福島区吉野1丁目16 -15

​エルブ福島901

2020年6月より大阪会場はこちらに移転しました

​Access

JR大阪環状線「野田駅」徒歩5分

地下鉄千日前線「玉川駅」「野田阪神駅」徒歩5分

​阪神本線「野田駅」徒歩5分

 

よくある質問

助産学生ですが受講は可能ですか?


受講には助産師免許証のコピーが必要です。 そのため、卒業して助産師免許を有してからの受講をお願い致します。




遠方なのですが出張でセミナーを開催して頂けないですか?


骨盤ケアリスト認定助産師養成コースに限り可能です。 しかし、講師2名(理学療法士・助産師)の交通費が別途必要になります。 (2名以上の同時受講であれば講師の交通費は無料とさせて頂いております。) 最大4名までの同時受講が可能です。 但し、セミナーを開催する場所のみ確保をお願い致します。(自宅可。ヨガマット2名につき1枚要。ベッドは不要)




友達と同時に受講することは可能ですか?


はい、可能です。 最大4名までの同時受講が可能です。 (骨盤ケアリスト認定助産師養成コースに限り、2名以上の同時受講の場合は講師の出張費用無料。但し、場所の確保だけお願い致します。) ※現在は新型コロナウィルス感染拡大予防のために出張セミナーは休止しております。




受講までの流れはこちら↓


1受講予約フォームより受講を申し込み。 2当学会よりメールで受講規約書を送信します。 これをプリントアプトし、必要事項を記入して助産師免許証のコピーと合わせて日本骨盤ケア助産学会へ送付。 3受講日程について調整。(メールもしくは電話で調整します) 4書類が確認できましたら、受講料の振込案内をします。 5入金を確認後、当学会よりメールにてお知らせします。 6WEBセミナーの受講準備が整いましたらメールでお知らせください。  その時点より7日間WEBセミナーを受講できるようになります。




日本骨盤ケア助産学会員について


骨盤ケアリスト認定助産師の資格を取得すると、A4サイズの認定証書をお渡ししています。また日本骨盤ケア助産学会員として認定されますが年会費などは一切不要です。
※認定証の発行のみ希望される場合は別途3500円(税別)要。
マリタルボンドクラス認定講師の資格も取得となり、マリタルボンドクラス(両親学級)を開催することが可能となります。 また「骨盤基礎解剖学」「リバースセラピー」「自律神経からみた微弱陣痛への助産ケア」のWEBセミナーを無料で視聴することが可能となります。




WEBセミナーのテキストはありますか?


骨盤ケアリスト認定助産師養成コース・マタニティケアスペシャリスト養成コース共に受講申し込みのお手続きが完了しますと、テキストを送付します。 テキストがお手元に届きましたらWEBセミナーの配信がスタートし、7日間視聴できます。




以前に骨盤基礎解剖学のみを受講したのですが骨盤ケアリスト認定助産師の資格を取得するには再度WEBセミナーを受講しなければならないですか?


骨盤基礎解剖学を受講済みの方で骨盤ケアリスト認定助産師の資格を取得する場合も同様にWEBセミナー4講座を受講してください。 また骨盤基礎解剖学講座を受講した受講料は差し引いて精算させて頂きます。




個別セミナーの日程は変更できますか?


受講料の入金前であればいつでも可能。 入金後の受講日程変更は、開催日を含めて14日より前に申請があった場合は手数料なく1回のみ可能。 開催日を含め14日以内の受講日程変更は振替手数料として受講料の20%発生致します。
骨盤ケアリスト認定助産師養成コース:30800円
マタニティケアスペシャリスト養成コース:74800(1日のみ変更は74800÷4=18700円)




受講キャンセルについて


受講予約のキャンセルは入金前であればいつでも可能。 入金後のキャンセルはテキストの送付、WEBセミナーの開始が伴うために受講料の50%がキャンセル料として発生します。また個別セミナー受講日より2日前でのキャンセルでは受講料の100%がキャンセル料として発生致します。




開業院認定とは何ですか?


マタニティケアスペシャリストの資格を取得した上で開業した場合「日本骨盤ケア助産学会認定〇〇院」として開業が可能になります。(開業した際はマタニティ整体・バースセラピーを導入することが条件となります)
また、この際に経営・施術・アセスメントなどでの相談についてもメールや電話にて無料で対応しています。




骨盤ケアリスト認定助産師養成コースを受講後にマタニティケアスペシャリスト養成コースを受講した場合の受講料金はどうなりますか?


骨盤ケアリスト認定助産師養成コース154000円(税込)を受講後にマタニティケアスペシャリスト養成コースを受講する場合はプラス253000円(税込)となり、計407000円(税込)になります。初めからマタニティケアスペシャリスト養成コースを受講する場合より33000円(税込)プラスになります。




マタニティケアスペシャリスト養成コースの個別セミナー4日間は連続して受講しなければいけませんか?


いいえ。週に1回、月に1回などでも可能です。
ご自身のペースや都合に合わせて受講頂けます。




症例レポートについてですが、分娩介助に携わる機会がありません。どうすれば良いですか?


骨盤ケアリスト認定助産師養成コースの症例レポートについては分娩以外でも妊婦指導、産後ケア、産後指導、両親学級など骨盤ケアリスト認定助産師養成コースに含まれる内容であれば何でも構いません。 マタニティケアスペシャリスト養成コースの症例レポートについては整体やオイルトリートメントをする機会がなくても、例えば腰痛に対する指導やケアなどでも構いません。





 

一般社団法人 日本骨盤ケア助産学会

TEL  06-7166-9992